Blog&column
ブログ・コラム

なぜ老人ホーム入居時に連帯保証人が必要なの?

query_builder 2022/11/01
コラム
35

老人ホーム入居時に求められる「連帯保証人」の必要性について疑問を抱いていませんか。
また、「連帯保証人には、どのような役割があるの?」と気になっている方もいるでしょう。
そこで今回は、老人ホーム入居時に必要な連帯保証人について解説いたします。

▼なぜ老人ホーム入居時に連帯保証人が必要なの?
老人ホームへ入居する際、連帯保証人が求められる理由は、あらゆる問題に備えておくためです。
例えば、以下のようなトラブルなどが該当します。

・何らかの事情により施設費用の支払いが滞る
・体調の悪化により治療が必要になる など。

このように、施設側や入居者本人だけでは解決できない問題が起こった時のために、連帯保証人の存在が必要なのです。

■連帯保証人の役割
連帯保証人の主な役割は以下の通りです。

・支払いが滞った時の対応
・体調不良によって治療が必要になった場合の手続き
・判断能力低下時における意思決定の代理 など。

■身元引受人の役割
老人ホームによっては、連帯保証人の他にも、身元引受人が必要となるケースもあります。
身元引受人の主な役割は以下の通りです。

・入居者が亡くなった時の身元の引き取り
・病院や老人ホームを退去する際の後片付けや荷物の引き取り

▼まとめ
老人ホーム入居時に連帯保証人が必要とされる理由は、施設側や入居者本人では解決できないトラブルに備えるためです。
連帯保証人には、施設利用費が滞った時の対応や治療手続きの判断などが求められるでしょう。
シニア住宅情報・相談センターでは、一人一人のニーズに合った老人ホームをご紹介いたします。
老人ホームの利用に関する不安やお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。

NEW

  • ブログを発信します

    query_builder 2022/04/20
  • 高齢者向けの体幹トレーニング方法について

    query_builder 2023/01/01
  • 老人ホームへの入居期間や入居条件(年齢)について

    query_builder 2022/12/15
  • 老人ホームにおける「看取り介護」とは?

    query_builder 2022/12/01

CATEGORY

ARCHIVE