Blog&column
ブログ・コラム

リハビリ用の靴の選び方について

query_builder 2022/05/21
コラム
14
リハビリを行う際には、それに適した靴を履くことが大切です。
「どんな靴を選べばいいの?」と迷われる方も少なくありません。
今回は、リハビリ用の靴の選び方について解説します。

リハビリ用の靴の選び方
ケガや病気、または加齢によって運動機能に何らかの障がいを負った際に、リハビリが必要となります。
以下の点に気をつけて最適な靴を選ぶことで、リハビリの安全性や効果を向上させられるのです。

■症状に合っている
履く人それぞれの症状に合った靴を選ぶことが重要です。
例えば、むくみや腫れが生じやすい方は、マジックテープで足幅を自由に固定できる靴を選ぶことで負担を緩和できます。

■履きやすい
加齢により、視力が衰える・手元の細かい作業が難しくなる等の影響で、靴を履くのが難しくなる場合があります。
靴を自分で履くことも、大切な日常動作のリハビリの1つです。
開口部が広い靴を選ぶことで、スムーズに履くことができます。

■幅が広い
幅広の靴は地面と足裏の接地面が多くなるので、安定感が増す効果が期待できます。
安定感のある靴を履けば、歩行や運動訓練の際の転倒を防止することが可能です。

■大き過ぎない
履きやすさを重視して大き過ぎる靴を選ぶと、足が靴の中で滑ってしまい危険です。
靴を購入する際は、必ず試着をして足にフィットしたサイズのものを選びましょう。

▼まとめ
リハビリ用の靴を選ぶ際は、症状に合っている・履きやすい・幅が広い・大き過ぎないという点に気をつけながら選ぶことが大切です。
当社ではリハビリに対応した、設備・人員が整った老人ホームをご紹介させていただきますので、ぜひお任せください。
入居の際に必要となる服装や靴などのご相談にも、喜んで乗らせていただきます。

NEW

  • ブログを発信します

    query_builder 2022/04/20
  • シニア住宅を見学する時のポイントとは?

    query_builder 2022/08/08
  • シニア住宅への入居の相談先は?

    query_builder 2022/08/01
  • 老人ホームの費用相場について

    query_builder 2022/07/22
  • 生活保護を受給するための条件とは

    query_builder 2022/07/15

CATEGORY

ARCHIVE