Blog&column
ブログ・コラム

高齢者・障がい者に適した住宅のポイント

query_builder 2022/05/17
コラム
13
高齢や障がいを持った方が、快適に生活できる住宅とはどんなものでしょうか。
快適さだけでなく、事故の発生を防止できる住宅である点も重要です。
今回は、高齢者・障がい者に適した住宅のポイントについて解説します。

▼高齢者・障がい者に適した住宅のポイント
加齢や障がいによって、体が思うように動かせない場合があります。
そんな時は、高齢者・障がい者に最適な住宅のポイントを押さえて、お住まいを探す・リフォームすることが大切です。
場所ごとのポイントを押さえることで、日常生活を送る上での負担や危険の軽減が期待できます。

■リビング
リビングでは、転倒事故が多く発生します。
転倒事故を事前に予防するために段差がなく、滑りにくい床であることが大切です。
万が一転んでしまった際でも、大きなケガをしないよう、柔らかい床材を選びましょう。

■浴室
浴室でも、床が濡れているため転倒による事故が起こる可能性があります。
脱衣所や浴室内の各所に手すりを設置していれば、つまずいた際の転倒を防止できるでしょう。

■トイレ
トイレは移動の負担を減らすため、寝室から近くにあると良いでしょう。
立ち上がる際のサポート用の手すりがあることがポイント。
介助者と一緒に入れるよう、広いスペースを確保しましょう。

▼まとめ
高齢者・障がい者に適した住宅は、リビング・浴室・トイレという場所ごとに注意するポイントがあります。
当社では各ご利用者様の状態に合わせ、快適に生活を送れる老人ホーム・シニア住宅を提案しております。
「障がいによって思うように体が動かない」等の場合でも、最適な施設をお探しいたしますので、ぜひご相談ください。

NEW

  • ブログを発信します

    query_builder 2022/04/20
  • シニア住宅を見学する時のポイントとは?

    query_builder 2022/08/08
  • シニア住宅への入居の相談先は?

    query_builder 2022/08/01
  • 老人ホームの費用相場について

    query_builder 2022/07/22
  • 生活保護を受給するための条件とは

    query_builder 2022/07/15

CATEGORY

ARCHIVE