Blog&column
ブログ・コラム

歩行のためのリハビリについて

query_builder 2022/05/05
コラム
10
「歩けるようになるための、リハビリ方法について知りたい」と思われてはいませんか。
歩行のリハビリを行う場合は、効果の向上を目的にいくつかの方法を組み合わせて行います。
今回は、歩行のためのリハビリについて解説しますので、参考にされてください。

▼歩行のためのリハビリについて
人によっては、ケガや病気で日常の運動や動作が困難になる場合があるでしょう。
リハビリは、そのような方が元通りに近い生活を営めるようになるための、肉体的・精神的な治療全般を指します。
歩行も、重要な日常動作の1つ。
以下に、歩行の能力を取り戻すためのリハビリの方法を見ていきます。

■関節の可動域を広げる
ケガ等で長い間歩けなかった場合、関節が固まり歩行時ににうまく動かない可能性があります。
凝り固まった関節をほぐすため、股関節や膝のストレッチを行うことが大切です。

■平行棒を使用する
平行棒とは、平行に2本並んだ手すりのような訓練設備のことです。
左右の手すりにつかまり、歩くリハビリを行います。
棒をつかむことで、体重が足だけにかかることを防止でき、訓練の負荷を徐々に上げられます。

■器具を活用する
杖や装具を活用して、歩行訓練を行います。
つかまれる場所のある平行棒とは異なり、より自分の足の力が求められるリハビリです。
装具は、リハビリ終了後も私生活で使用することが多くなります。
自分でスムーズに装着できるようになるための訓練も合わせて行うのです。

▼まとめ
歩行のためのリハビリを行う際は、関節の可動域を広げる・平行棒を使用する・器具を活用するという訓練法があります。
元通りに近い生活を営めるよう、ご自身に合った方法をご検討ください。
当社では、ご利用者様が快適に老後を過ごすための施設をお探しいたします。
歩行のリハビリに対応した老人ホームも、ご提案できますのでご相談ください。

NEW

  • ブログを発信します

    query_builder 2022/04/20
  • シニア住宅を見学する時のポイントとは?

    query_builder 2022/08/08
  • シニア住宅への入居の相談先は?

    query_builder 2022/08/01
  • 老人ホームの費用相場について

    query_builder 2022/07/22
  • 生活保護を受給するための条件とは

    query_builder 2022/07/15

CATEGORY

ARCHIVE